超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



仮面ライダーは子供から大人まで色んな人が注目している作品で、そのキャスティングにも興味をそそられる方は多いのではないでしょうか?

視聴者の幅が広い仮面ライダーで、一気に知名度が上がった俳優・女優さんは過去にもたくさん存在しています。今回は、馬場ふみかさんが熱演した役、仮面ライダードライブメディックについて見ていきたいと思います。


馬場ふみかさん演じるメディックは「嫌われない」悪役だった?!

こちらの女性が仮面ライダードライブのメディック役、馬場ふみかさんです。色白、細身で小顔と今どきのかわいいを全て兼ね備えていますよね。黒のゴスロリっぽい服装も見事に着こなしています。仮面ライダー出演当時なんと19歳で、しかもドラマ初出演という異例の起用でした。

メディックはいわゆる悪役として登場します。しかし、これまでの仮面ライダーとは全く違うタイプの悪役であり、「嫌われない」悪役だったのです。一体どういう事なのでしょうか?

それでは、メディックについて調べてみましたので、順にご紹介していきます。

メディックは最初、徹底的に悪役だった

メディックはロイミュードの幹部として登場します。ロイミュードとは仮面ライダーでいうところの敵怪人にあたります。人間の感情や想いなどを学習でき、姿をコピーすることができます。

メディックはバレリーナの女性をコピーしているため、踊りながら話したり、口調も丁寧です。しかしその内面は、「ひどい・ずるい・自分勝手」といったキャラで、嫌われてもおかしくないほどの性格の悪さでした。

ちなみに、メディックの能力は治療で、英語の「medic」(=医者・医学生の意味)が名前の由来となっています。その能力で多くのロイミュードを救い、「ロイミュードの癒しの女神」と言われるほどだったのです。

仮面ライダードライブのストーリーは、ロイミュードは人間を支配して自分たちの世界を作るために活動し、それに対し仮面ライダーはその計画を阻止するため戦うという状況で始まりました。

パパ
ロイミュードは全部で108体いて、ハートというロイミュードがリーダーだったんだよね

ハートは仲間のロイミュードのことを「友達」と呼ぶほど大切にしている熱い思想の持ち主で、リーダーとしてふさわしい存在でした。

メディックはそんなハートのことを「ハート様」と呼ぶほど慕っていましたが、ハート以外の存在に対してはひどい・ずるい発言と行いのオンパレード!仲間のロイミュードでさえも道具であるかのような扱いで、ハートに対する貢献の仕方は方向性がゆがんでいます。

ハート様というと私はこっちを思い出しちゃいますが(笑)

さて、ロイミュードの幹部として、ハート様にとって一番の存在になりたいと思っていたメディックでしたが、ライバルがいました。それが、メディックを語るうえで欠かせない存在である、「ブレン」です。

メディックとブレンはハートへの想いで対立

メディックとブレンのハート争奪戦は激しさを増し、お互いけなしあう状況がしばらく続きます。

例えば、メディックはハートから「非の打ちどころがない」と評価されていましたが、実際は仲間ロイミュードへの仕打ちがひどく、ブレンは「メディックの非の打ちどころは性格!」とバッサリ。

そしてブレンはメディックに対して深く嫉妬していて、メディックが活躍するたびにハンカチを噛んでくやしがります。この場面は、仮面ライダードライブのハイライト(=見せ場)とも言えますよね。メディックはブレンを格下扱いしていて、ブレンに対して様々なひどい仕打ちを行います。

それでも各自ハートのために働く二人でしたが、常に一枚上手のメディックに対してブレンはあせります。そこでハートと距離を置き独自に行動して、最終的にメディックよりも先に強力な進化をとげ、超進化態になることに成功します。

その力でブレンはメディックを圧倒!ブレンはこれまでの仕返しを果たし、メディックはくやしがります。

この表情は相当嬉しかったんでしょうね。しかし、ブレンはこのあとすぐに仮面ライダーとの戦いに敗北して肉体が破壊されてしまい、コア(核=人間でいう心臓)だけの状態になってしまいます。

ブレンはメディックの治療を受けることになりますが、その治療により回復はしたものの、メディックの意思一つで肉体を取り上げコアの状態にできる細工をされてしまうという盛大な仕返しをされてしまいます。しっかりオチがついているのがすごく面白いですよね。

メディックが背負っていた悲しい運命

メディックが持つ治療の能力には、実は副作用が存在していました。それは、治療した対象の感情が逆流して流れこんでしまうというものです。

その副作用から、過去に治療したロイミュードがコピーしていた人間が持つ恨みや憎しみといった「黒い感情」が流れこんだ事が理由で、メディックの性格がゆがんでしまい、もともと慈愛の天使だったことの象徴だった白いドレスも、黒に染まってしまい黒い服になってしまっていたのです。

その黒い感情を取り除けるという蛮野(ばんの)という人物に依頼して改造を受けます。

ママ
蛮野はロイミュードを作った科学者だったのよね

しかし、この蛮野こそ真の黒幕で、ロイミュードを作った目的も自分が世界を支配するためでした。改造の際にメディックに細工を行い、メディックは感情を失ってしまいます。

「スベテハ、ハートサマノタメニ」とロボットのようになってしまったメディックは蛮野の命令通りに行動するように改造されてしまい、それを見たブレンはこれまで数々の嫌がらせをしてきたメディックに対し、悲しみの感情を持ちます。

そしてブレンは、思いがけない行動に出ます。

蛮野の計画で、メディックが消滅のピンチになった時、その計画を事前に察知していたブレン。ブレンは盾になってメディックを守ったのです。

メディックは、「あんなにひどい仕打ちをしたのになぜ」とブレンに涙します。ブレンは「ハートが愛しているのはあなただ」と言い残し、笑みを浮かべながら消滅します。

ハートのために尽くすことで、いがみ合いながらもどこかでお互い似たような存在だと感じていたのかもしれません。複雑な友情ですが、人間より素直に感情を表現していると思いませんか?

メディックの最期

真の黒幕の蛮野を打倒するため、仮面ライダードライブと共闘するハートとメディック。しかし、蛮野の前にドライブとハートは敗れ生命にかかわる大ダメージを受けてしまいます。

メディックは「私の身体なんてどうなってもいい」とドライブを治療。しかし、限界を超える治療を行ったメディックは「今ならわかる、ブレンの気持ち」と言い消滅してしまいました。

メディックは、ロイミュードとして生まれた運命のいたずらで悪役の名を背負って生きてきましたが、最後には本来の慈愛の天使の本性を取り戻し、ブレンの純粋な愛情を理解するに至っています。

いかがでしょうか?主役級の存在感を見せたメディックは、大どんでん返しで愛されるキャラに変わっていったのですが、そこに至るまでのストーリーは切なく、深いものでした。このストーリーの深さこそが、仮面ライダードライブの魅力を大きく引き出していますよね。

そんな馬場ふみかさんが演じたメディックが登場する仮面ライダードライブの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


馬場ふみかさんはその後どんな活躍をしている?

https://www.instagram.com/p/Bx2IFm9HTSj/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

仮面ライダードライブのヒロイン役のオーディションでプロデューサーの目に留まり、メディック役を獲得したことでドラマデビューを果たした馬場ふみかさん。メディック役を演じて一躍有名になりましたが、その後の活躍についてご紹介していきます。

仮面ライダーに出演後、メディアに引っ張りだこ!

仮面ライダー出演後は映画・ドラマ・バラエティー番組・舞台・CMと幅広く活躍されています。その出演作を一部ご紹介します。

映画

  • MARS~ただ、君を愛してる~(2016年 丸山夏美役)
  • 黒い暴動(2016年 主演・美羽役)
  • 劇場版 お前はまだグンマを知らない(2017年 ヒロイン・篠岡京役)
  • クソ野郎と美しき世界「ピアニストを撃つな!」(2018年 フジコ役)
  • 劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年 雪村双葉役)
  • ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave(2019年 ヒロイン・工藤美夏役)

TVドラマ

  • 仮面ライダードライブ(2014年 メディック役)
  • お前はまだグンマを知らない(2017年 ヒロイン・篠岡京役)
  • ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2017年 ヒロイン・正田陽子役)
  • コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON(2017年 雪村双葉役)
  • コンフィデンスマンJP 第3話(2018年 須藤ユキ役)
  • 深夜のダメ恋図鑑(2018年 主演・古賀円役)
  • スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第1話(2019年 白石杏里役)
  • 僕の初恋をキミに捧ぐ(2019年 上原照役)

CM

  • あきんどスシロー(2015年)
  • 集英社(2016〜2017年)

バラエティー番組

  • 着信御礼!ケータイ大喜利(2015年12月、2016年12月)
  • 痛快TV スカッとジャパン(2016年)
  • 探偵ナイトスクープ(2018年11月)

かなり有名なコンテンツが多いですね。あの「新しい地図」の話題作にも出演されています。各方面から引っ張りだこなのが一目で分かっちゃいます。

あの「スシロー」のCMにも出ているのですよ。

競争の激しい回転ずしのCMに出られるっていうだけでも、馬場ふみかさんの存在の大きさが感じられますね。

他にも企業のイメージモデルにも選ばれています。2018年「振袖の一蔵」です。

https://twitter.com/ichikura_20/status/982468020110012416

メディックのゴスロリ調もかわいいですが、着物も良く似合いますね。服を着こなすだけでなく、その服に合う様々な雰囲気を醸し出していて、メディックとは全然違うオーラが出ています。色んな方面からオファーがあるのは、馬場ふみかさんの多才さの証明ですね。

○○女子って?新しい言葉の象徴にもなっていた!

馬場ふみかさんの数ある活躍の中でも、一つ注目すべき点があります。

それは、週刊プレイボーイ・週刊ヤングジャンプでグラビアデビューした後、「non-no」の専属モデルとしても採用された事です。これは非常に珍しい出来事で、大きな注目を集めました。

パパ
男性向けの雑誌に載る「グラビアアイドル」と女性向け雑誌に載る「ファッションモデル」は読者の層が違うから両立が難しいとされてきたんだ

こうした事もあり、グラビアとモデルで活躍する女性のことを「モグラ女子」と呼ぶようになり、その代表的な存在が馬場ふみかさんと言われるようになりました。仮面ライダーにも出演し、その後モグラ女子になっちゃうなんて、馬場さんは老若男女問わず愛されるキャラともいえるでしょうね。今後の活躍がますます楽しみです。

ママ
馬場ふみかさん自身は「モグラ」だと動物を先に想像してしまうので「グラモ」のほうが嬉しいって話していたそうよ。確かにグラモのほうが響きがかっこいいかも…!

 

そんな馬場ふみかさんが演じたメディックが登場する仮面ライダードライブの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓



まとめ

  • 仮面ライダードライブのメディックの俳優さんは馬場ふみかさん
  • 悲しい運命を背負った悪役を熱演し、嫌われない悪役を実現
  • 仮面ライダードライブのヒロイン役オーディションで才能を発掘された
  • 現在は女優やモグラ女子として幅広く活躍している

メディックとブレン、それぞれの愛の形や友情を見た時、その感情の動きに心奪われてしまいました。誰かのために行動したり、愛情を独り占めしたいと思うのはすごく自然なことなのですが、うまくいかなかったとしても必ず評価してくれている「友達」がいるって幸せな事ですね。初めはライバルだった2人が最終的にはそんな「友達」になるところは仮面ライダードライブの見どころといえるでしょう。

そして現在はモグラ女子として大活躍の馬場ふみかさん、もしかしたら「嫌われない悪役」というメディックを演じきったことで馬場さんの多才さが開花したのかもしれませんね。今後の馬場ふみかさんにもぜひ注目していきたいです。


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

 

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ